医療脱毛と脱毛サロン、似ているよう?!

医療脱毛と脱毛サロン、似ているようですが実は違います。
医療脱毛は、レーザーを使い医師や看護師が脱毛施術します。そして、永久脱毛が出来ます。


脱毛サロンでは使用する機器自体が違い、医療脱毛で使う照射する光が強力な脱毛機器は使用できないこととなっています。 医療脱毛と比べたとき効果が勝ることはないですがその分、肌の負担も痛みも少なくて済みますから肌に優しい脱毛サロンの方を選択する方も少なくありません。脱毛サロンは勧誘が多いといったイメージがあるんですが、本当のことなのでしょうか?結論から話すと勧誘はあります。



高額化粧品や高額コースなどを勧められることもあるので、気を付けるのがいいかもしれません。


ですが、大手脱毛サロンだと勧誘禁止にしているところが多いです。勧誘をしてしまうとイメージが悪くなってしまうからです。

医療系脱毛で脱毛した時にトラブルはないとは断言できません。



特に肌の色が黒っぽくなる色素沈着が多いです。
脱毛をした部分をあきらかに色が違う状態のことです。
その原因は施術 or アフターケアの失敗あるいは、アフターケアを怠ったのかもしれません。


担当者の腕によって、仕上がりのよさが違うことがあるんです。なので、初回カウンセリング時にそういったトラブルに対する対処法を聞いておきましょう。


女の人には、毎月月経があるんですが、月経中に脱毛器を使用することは可能でしょうか。

月経の時は女性ホルモン(卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンの二種類が有名で、分泌量が減ると様々な不調が現れます)のバランスが乱れているので、肌がいつもより敏感です。


脱毛器で脱毛することで肌荒れを起こす確率が増えます。さらに、月経中は脱毛効果が落ちるともいわれているため、多くの効果を望向ことは難しいかもしれません。全身脱毛のサロンによってはコース内容やシェーバーなどのアフターサービスなどが異なります。



そういうことなので、脱毛サロン選びは非常に大切ですよ。
全身の脱毛サロンを選択するのに大切にしたい点は人それぞれ考えがあると思います。ですが、何気なく無料カウンセリングに行くのはお薦めしません。



事前に確認しておきましょう。
そういえば、VIO脱毛やワキ脱毛などトータル的に全身脱毛が安いです。その方法で、カウンセリング時にあたふたしなくなります。

女性が脱毛サロンへ通いたい場合、気にかかるのは生理中の時期でも処理がおこなえるかですね。
これは、それぞれの脱毛サロンによって違ってきますので、注意しておいて下さい。

生理中でも変わらずに通えるサロンもあれば、規則として全面的に行なわないとしているところもあります。


ただ、規則はどうであれ、生理の最中であるという時期には、衛生面での問題があるんですのでデリケートゾーンを脱毛する事は無理です。


脱毛を自分でおこなえば、自分でしたい時に脱毛がおこなえるので、余計な時間を取られません。

剃刀を使うのはよくある方法ですが、肌を傷めずとも処理が楽になる別な方法として、脱毛剤を使う方法もあります。技術開発は脱毛の分野にも及んであり、種類も豊富に販売されている脱毛剤には、毛を溶かすものや、毛根から抜き取るものもあります。


脱毛器は痛いと言われることが多いようですが、本当のことろ、痛いのでしょうか?現在売られている脱毛器は、少し前のものとは比較できないほど高性能で、痛みへの対策も十分です。
脱毛の仕方によって違いますが、光脱毛器であるなら、ほぼ痛みはないと考えても問題ないでしょう。
病院で使われるレーザーで永久脱毛すると、他の人に気付かれるようなむだ毛は殆ど綺麗に無くなります。

でも、永久脱毛の施術を行ったとしても、半年から一年が経過すると、産毛が生えてくるケースも考えられます。

悩まされていたむだ毛が無くなっても、うっすらとした毛がどうしても残ってしまうのが実態なのですが、細かい毛なので、誰でも簡単にお手入れが出来ます。

関連記事